2005年11月23日

京都 4-0 湘南

来期のセレクション的な意味合いを持った今日の試合。
選手は皆さんいい動きをしていたと思います。
相手が湘南とはいえ、文句のない出来でしょう。
ただ、来期J1で使えるかどうかという点ではやはり物足りない感じがしました。
若手中心なので、将来性をはかるという点ではいいセレクションになったと思いますが、かといって、来期の補強が必要ないと言ってしまうのは早い気がします。
ただ、今のチームはバランスがよく、若手も多いので、このまま同じメンバーで選手の成長とともにチームを成長させていって欲しいというのが理想ですが。
ただ、やはり日本代表クラスの選手ができれば欲しいですね。
僕の個人的意見としては、1対1に強いセンターバックか、サイドのユーティリティプレーヤーが欲しいかなと。
特にサイドは補強のポイントだと思います。
ということで、来期J2に落ちる神戸から三浦淳宏を補強して欲しいです。
まっ、僕の個人的意見はともかく、フロントが来期どのような戦力構想で臨むのか楽しみです。

ということで今日の個人採点をしてみます。

GK
西村 6.0 特に危ない場面も見せ場もなく、無難に処理できていたと思います。ただ、飛び出しの判断に関してもう少し安定性が欲しかったです。
DF
池松 6.5 積極的な攻撃参加が目立ちました。粗さが目立つものの将来性を感じさせるプレーだったと思います。ディフェンスもまあまあでしたが、もう少し相手にクロスを上げさせない守備をして欲しいです。
手島 6.0 あまり目に付きませんでした。無難だったと思います。いつの間にか負傷退場でしたが、大丈夫でしょうか?
鷲田 6.5 フル出場で無失点に貢献。ミドルシュートの対応やサイドが抜かれたときのカバーなどが課題でしょうか?
渡辺 6.0 ディフェンスはよくがんばっていたと思います。ただ、オフェンスへの貢献度がイマイチだったかなと。逆サイドがバンバン行っていただけに少し物足りない感じがしました。
MF
石井 6.5 中山君がどんどん前に出るタイプなのでそのバランスをとってほとんど後ろにいましたね。ほぼ最終ラインと同化して試合を落ち着かせていたと思います。ロングフィードもよかったと思います。
中山 6.5 よく動いてボールに絡んでいたと思います。パスもなかなかよかったと思います。
ただ、もう少しパスの精度がほしいのと、運動量を生かしてもっと前線からどんどんプレスをかけていって欲しいです。
美尾 6.5
星 6.5
さすがレギュラークラスだけあっていい動きをしていたと思います。オフェンス面でもいい動きでしたが、ディフェンスでの前線からのプレスはさすがでした。来季もがんばってください。
FW
松田 7.0 とてもいい働きをしていたと思います。得点シーンはもうウマイのひと言に尽きます。自分で決めるだけでなく、ポストプレーでもアシストを決めるなどいい働きでした。いいFWであることを改めて実感。
小原 7.0 Jリーグ初先発初ゴールおめでとうございます。1点目もさることながら、2得点目はかなりいい動きだったと思います。2得点ということでFWとしての役割は十分すぎるほど果たせたと思います。ただ、あえて苦言を呈すると、松田のように周りを生かすプレーがあまり見られなかったのが残念です。得点シーン以外ではあまり目立てていなかったような気がします。バリバリのストライカータイプにはあまり見えないので、J1で活躍するには柳沢のようにオールラウンドな能力を身につける必要があるのではないかと思います。
サブ
六車 5.5 あまり目立っていなかったのか、ほとんど印象に残っていません。
大久保 6.0 手島の負傷退場で急遽センターバックでの出場でしたが、無難だったと思います。
富田はいきなりの負傷退場で採点不能です。大丈夫でしょうか?
posted by おにちげ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都サンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

このネーミングはどうなんだろう?

大学の学祭休みを利用して実家に帰っています。
そのせいで土曜日の京都―札幌戦を見れませんでした。
面白そうな試合だったみたいでもったいなかったです。

それはともかく、今回の記事はそれがメインではありません。
僕の実家はうどんで有名な香川県にあります。
実は香川県にもサッカーチームがあり、その名も高松FCという普通のサッカーチームです。
一応Jリーグ入りを目指しているそうで、なかなかがんばっているみたいです。
実家に帰ってみて、その高松FCが来年度から名前を変えることを知りました。
その名も・・・カマタマーレ讃岐。
まぁ、讃岐はいいことにしましょう。香川県ですし。
問題はカマタマーレ。
この由来をヒントなしで思いつく人はかなりの讃岐うどん通です。

まぁ、そんな人はあまりいないと思うので、チーム名の由来をホームページから引用してみます。
(以下引用)
新ネーム「カマタマーレ讃岐」は、その名の通り、讃岐うどんの定番「カマタマ」と、海を意味する「マーレ[mare(伊)]」をミックスした名前です。瀬戸の海に囲まれた美しい香川の自然と全国に誇る讃岐うどん。特に「釜玉」は、全国的にも類を見ない、まさに讃岐ならではのうどんです。その名をチーム名にいかすということは、讃岐を愛し、讃岐を誇りに思う気持ちの表れなのです。また、チーム自体も讃岐うどんのように、ツルッと滑らかなパス回し、腰が強く、逆境にもめげないねばりのあるチームになってもらいたいという願いも込められています。

(以上引用)
このネーミングを一般の人はどう受け止めてくれるんでしょうか?
正直僕は恥ずかしいです。
初めて聞いたとき、てっきりネタだと思いました。
もしかしたらかなり手の込んだネタかもしれませんが、たぶん本気だと思います。
わざわざエンブレムまで考えてるし。
このままでは、友達に「香川にもサッカーチームあるんや。名前何て言うの?」と聞かれたときに、まじめな顔をして「カマタマーレ讃岐」などと答えられる自信がまったくありません。
絶対に「えーっと、・・・ど忘れした」とか言ってしまいます。

ちなみに、四国アイランドリーグの香川のチーム名は「香川オリーブガイナーズ」です。
これも微妙な命名ですが、せめて高松FCもこれくらいマシな名前をつけて欲しかったです。

まぁ、名前はともあれ、愛媛FCもJ2に入れそうですし、四国をスポーツ王国にするためにもカマタマにはがんばってもらいましょう。

興味のある人は高松FCの公式ホームページも見てあげてください。
posted by おにちげ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

日本 1-0 アンゴラ

今年最後の代表戦となった今回のアンゴラ戦。
今年の課題は来年に持ち越しという感じが否めませんでしたね。

最大の課題はやはり決定力不足。
今日は5-0でもおかしくなかったですね。
やはりFWに点をバンバン取って欲しいと思います。
今日先発だった高原と柳沢は2点ずつくらいは絶対決めろよーというシーンがありました。
日本中のあちこちで叫び声が上がったでしょう。
今回は相手がアンゴラだったのでチャンスをいっぱい作れましたが、もっと強い国相手にはそんなにはチャンスは作れないわけで、しっかり決めて欲しいです。
W杯本番で今日みたいな事をしたら、いつかの城じゃないですけど、生卵投げられますよ。

守備面でも課題が見えましたね。
パスで崩されるシーンというのはあまりなかったものの、1対1で崩されるシーンが多くありましたね。
アンゴラはミドルレンジのシュートが大好きなのか、崩しきったところで前を向いてシュートというのが少なかったのがラッキーでしたが、そのまま撃たれてたら危ない場面が何回かありましたね。
アフリカ勢のような身体能力が高く、個人技が強いチームに対しては、もちろん1対1で負けないディフェンスをするのが一番ですが、かなり厳しいので、抜かれたときのフォローをしっかりすることや、数人で囲んでつぶすことをちゃんとしないと、これまたもっと強い国相手だったらボコボコに点取られますね。

そんななかでも、明るい光も見えました。
これは決してえこひいきとかではなく、松井君が入ってから確実に流れが変わりましたね。
めちゃくちゃよかったですよ、今日の松井君は。
おまけに最後にゴールも決めてくれるし。
今日の試合は松井君のためにあったといっても過言ではないでしょう。
あともう一人、アレックスもいい動きをしてました。
僕は代表戦を見るたびにアレックスをボッコボコに言ってきたのですが、今日はかなりキレてました。
相変わらずディフェンスはイマイチだったものの、及第点をあげられる出来だったでしょう。
オフェンスのほうは今日は文句なしです。何度かボールを失う場面もあったものの、それを補って余りある働きでした。
リーグ戦も絶好調みたいですし、来年も今日みたいな感じでがんばって欲しいです。

ヒデと俊輔は、いいパスをたくさん供給し安定したパフォーマンスでしたが、後半開始後などのアンゴラに押し込まれた場面で、もっとボールをキープしたりサイドに散らしたりして、流れが悪いなかでも何か打開する感じが欲しかったですね。
あと、今日は稲本がイマイチ元気なかったような。
ヒデのことを気にしすぎて本来の動きが出来なかったのかな、という気もします。
稲本もヒデと似たタイプなのであまり横に並べるのよくないかなという気がしました。
そういう意味では、ヒデをボランチで使うなら、阿部や福西みたいなタイプのほうが相性がいいかもしれません。

感想としてはこんな感じです。
やっぱり、アフリカ勢とはいえ特にスターがいるわけでもなく、あまりレベルの高いとはいえないアンゴラではなく、もう少しいいチームとの試合を見たかったですね。
アンゴラも今日のが本調子だとは到底思えませんし。
東欧遠征でもそうですが、日本協会がもっとしっかりして、代表チームの強化をやって欲しいです。

ということで、適当に選手の採点とコメントの補足をします。

GK
川口 6.0 枠に飛んだシュートが少なく、あんまり見せ場なし。1回ぐらいあったかな。クロスにも無難な対応をしていたと思います。
DF
宮本 6.0
中澤 6.0
田中 6.0
無失点に抑えたし及第点だと思います。ただ何度か危ない場面もありました。抜かれたときのカバーが課題です。
中澤は攻撃のビルドアップの始まりとしてもっと正確なパスが欲しかった。
MF
アレックス 6.5
よかったです。
駒野 5.5
イマイチ目立ってたような目立ってなかったような。クロスの精度があまりよくなかったような。もっと積極的な攻撃参加がみたかったです。特に高原や柳沢が背中で相手を背負って楔としてボールを受けたときに、ボールの貰い手として、どんどん追い越していく動きが見たかったです。現時点では加地君のほうがいいような気がします。
中田 6.5
相変わらずよかったです。ピッチを縦横無尽に駆け回って神出鬼没でした。絶妙のスルーパスも何個か。やっぱりボランチのほうが向いているような気が・・・。
稲本 5.5
決して悪かったわけではないですが、いいときに比べるとやはり満足は出来ません。もっと持ち味を出してもよかったのではと思います。リーグ戦でもようやく出場機会がめぐってきたようなのでぜひ来年は巻き返して欲しいです。1度だけきらりと光る好プレーが見れました。
中村 6.5
よかったと思います。FW陣の決定力がもっとよければアシストが何個か記録されていたんじゃないでしょうか。
FW
高原 5.5
正直言って今日の高原は結構キレてました。その分バーを2度もたたくという不運はもったいないです。体を張った楔役としてもいい働きでした。しかしFWの仕事は点を取ることということで残念ながら減点です。
柳沢 6.0
柳沢も基本的によかったです。書きたいことは高原のとこに書いた事とほとんど同じです。
ただ、最後の松井君へのアシストはヘディングでドンピシャの切り返しでいい働きをしたので、及第点ということで。ただ、やっぱり点を欲しかったです。
サブ
松井 7.0
もう今日は最高でした。MOMです。前線から積極的にプレスをかけてボールを奪い、自分でそのままドリブルしてチャンスを作る。まさに松井君です。今日のパフォーマンスを維持できればレギュラー定着も夢じゃないかも?
阿部 6.0
日本がまた息を吹き返して攻め始めたぐらいの時間に投入されたのであまり目立ちませんでしたが、うまくバランスを取っていたと思います。
大黒 6.0
相変わらず動き出しはサイコーです。ただ、フィニッシュの精度がちょっと・・・。
ナビスコの決勝の時も思いましたが、やっぱり調子悪いんかなぁ・・・。

ということで、日本代表にとって来年がいい年になりますように。
posted by おにちげ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(3) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

京都 2-1 横浜FC

久しぶりにサンガの観戦記事を書きます。
とは言ってもテレビ観戦で、しかも9時からトリックを見てしまったので、前半だけの記事ですが。
京都テレビもなぜに8時からという中途半端な放送をするのでしょうか?

それはともかく、今日のサンガの布陣は天皇杯の3回戦みたいですね。
今年レギュラーに定着できなかった選手たちがたくさん出ていて面白かったです。
特に大剛君と池松君はなかなか面白そうだと思いました。
特に、池松君を見たのは初めてだったのですが、始めのほうは硬さも見られてボコボコだったですけど、途中からはなかなかいい動きをしていたのではないでしょうか?
レギュラーにはまだ厳しいかもしれませんが、将来性は感じました。
大剛君はやはりディフェンスはイマイチでしたね。その分オフェンスでの働きはなかなかでした。
サイドバックでは厳しいかもしれませんが、サイドハーフで使えればなかなかという感じでした。
でも、右サイドハーフは星君と大志くんがいるので厳しいですけど。
大久保君やセンターバックの二人はまぁ無難な感じでしょうか。
慣れない布陣と言うことで、ディフェンスのマークやカバーなどの役割分担がはっきりせず、攻め込まれることも多かったものの、及第点と言えるのではないでしょうか。
ボランチの二人は相変わらず安定感があり、よかったですね。
アレモンと田原はいいコンビネーションを見せたりもしましたが、もともとスタイルが似ていて、ちょっとカブリ気味だった気がします。ゴールに近づいてもどちらがシュートを打つのかはっきりせず、もっと積極性が欲しかったですね。
その点よかったのが美尾で、FWの二人のポストプレイをうまく生かす2列目からの飛び出しでいい動きを見せてましたね。

サブだった選手もなかなかいい動きをしていたとはいえ、まだレギュラーに定着するほどではなかったと思います。
やはりJ1で戦うにはもう少し戦力の補強が必要かなーという気がしないでもありません。
posted by おにちげ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都サンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

お久しぶりです。

本当にお久しぶりです。
しばらく旅に出ていて更新できませんでした。
その間に京都は昇格と優勝を決めるは、カズが横浜FCに移籍して、シドニーに移籍するはで、J2も大変だったみたいですね。

何はともあれ、サンガは昇格おめでとうございます。
出来れば昇格の瞬間を一緒に祝いたかったですけど、それは仕方ないですね。
来年はJ1でしっかりがんばってもらいましょう。

J1と言えば、ナビスコカップの決勝はすごかったですね。
実は、僕は隠れジェフファン(昔僕の地元にジェフがキャンプ張ってたので)なので、ジェフの初タイトルには感動しました。全国には僕のような隠れジェフファン多いんじゃないでしょうか。
来年はサンガとジェフの試合が楽しみです。
しかし、昨日のザスパ戦を見ていると、J1のレベルでは少し厳しい感じがしましたね。
昨日はコンディションも悪く、ベストメンバーでなかったこともあるかもしれませんが、あのパフォーマンスではJ1の上位に食い込むのは難しい気がしました。
まぁ、ナビスコの決勝のレベルが高すぎたってこともあるかもしれませんが、見ていてあまり面白さを感じませんでした。
天皇杯も大宮に競り負けてしまうし、もう1段階のレベルアップが必要ですね。
柱谷監督は名監督なので期待できると思います。

今年もあと数試合ですが、来年を占う試合と言うことで楽しみに見ていきたいと思います。
posted by おにちげ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都サンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。