2005年06月18日

京都 2-1 徳島

久しぶりのサンガの試合の感想です。

とりあえず逆転勝ちをした今日の試合ですが、内容的にはあまりよくなかったと思います。
前半は0−1で、完全に徳島ペースでした。後半は逆転したものの、ダメ押しが欲しいところでイマイチ攻め切れていませんでした。
結果的には勝てたものの、相手のミスに助けられた部分が大きかったと思います。

今日感じた問題点。
・DFラインの裏へのパスに対応できていない。オフサイドトラップをかけようという意識が感じられなかった。
・空中戦に弱い。背は高いのになぜ?
・オフサイド取られすぎ。いい加減に学習して欲しかった。
・無駄なロングパスが多い。特に前半。ボールをきちんとキープしてパスを出来るチームなんだから、もっとポゼッションを重視した戦い方をしてもいいんじゃないか。
・上に関連して、足元へのパスが多すぎ。ターゲットが止まっているとディフェンスが守りやすい。動きながらもらわないと狭いところにボールが行ってしまい、攻撃がつながらない。特にサイドにはもっと積極的に動いて欲しかった。後半は少し改善されていた。

その他いろいろあったような気がするが、個人採点に移ります。

GK
平井 6.5
今日は基本的にはよかったと思う。ナイスセーブもあった。でも少し危ない場面もあった気がする。
DF
鈴木 5.5
三上 5.5
今日はサイドバックは二人ともイマイチ。攻撃面でもあまり目立たず、守備でも結構簡単にクロスをあげさせていた。
手島 6.0
リカルド 6.0
二人とも1対1は強く何度も攻撃の芽を摘んでいた。しかし、上でも書いたように裏へのパスにはうまく対応できていなかった。
MF
斉藤 5.5
米田 6.0
今日はボランチの2人はあまり攻撃の組立役としては機能していなかった。米田は守備に貢献していたので少し加点。
星 6.0
中払 6.5
星は、特に後半、ボールをもらう動きがよかった。いいクロスも何本か上げていた。後はキレキレのドリブルが見たい。あと、前半のオフサイドになったアレモンのゴールの場面では、自分でシュートを決めて欲しかった。
中払は決定的な仕事はしなかったが、いい動きをしていた。チームのバランスをうまく取っていた。
FW
アレモン 5.5
田原 6.5
アレモンは動き自体は悪くはなかったがあまりボールに絡めていなかった。あと運もなかった。
田原はとにかく2得点を評価。1点目は空振りしたのになぜかボールが戻ってきてラッキー。2点目はシュートはさすがだと思ったが、キーパーが前に出てきてラッキー。最後は足をつってさようならで、やはりスタミナ不足を露呈。でもやっぱり田原は最高です。
サブ
パウリーニョ 5.0
美尾 ―
加藤 ―
パウリーニョは怪我の影響もあるのか精彩を欠く。美尾・加藤は印象なし。

今日は、J1に上がったあとの課題がいろいろ見えたような見えなかったような試合でした。
posted by おにちげ at 23:52| Comment(1) | TrackBack(1) | 京都サンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰してます
徳島行ってきましたよ
内容は勝ったことで水に流しました。
Posted by ヒサ at 2005年06月26日 01:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

VS徳島ヴォルティス  「結果が大事」
Excerpt: びんび家で髪の毛が生えまくりのわかめを補給し、ごきげんでスタジアムに乗り込む。 駐車場が無料で感動! お土産用のヴォルティスロールも無事購入! バックスタンドの芝生は寝転ぶと気持ちよさそう。 メイン..
Weblog: 京都からムラサキ
Tracked: 2005-06-26 01:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。