2005年06月23日

日本 1-0 ギリシャ

あと3時間で第3戦、ブラジル戦ですが、遅ればせながら第2戦ギリシャ戦の感想行きます。

まず、試合を見終わっての感想は「こんなのギリシャじゃねぇ〜がく〜(落胆した顔)
正直ギリシャやる気なさ過ぎです。
前線からぜんぜんプレスかけてこないし(特に前半)、攻撃面では高さまったく活かせてないし。
こんなギリシャに勝ってもうれしくありませんバッド(下向き矢印)

まぁ、でも日本は確かによかったです。
ブラジル戦に向けて、いい踏み台になったのではないでしょうか。
ブラジル戦は、このコンフェデの総まとめとして是非いい試合をして欲しいです。(負けること前提の言い方ですが、もちろん勝って欲しいです。)

それでは個人評行きます。
GK
川口 6.5
安定した守備で無失点に貢献したことを評価。
DF
田中 6.0
宮本 6.5
両者ともDFラインの中央で高さで勝る相手の攻撃を封じ、無失点に貢献。田中はボールコントロールが危ない場面もあったので減点。
アレックス 5.5
加地 6.5
4バックのサイドとして出場した2人。加地はメキシコ戦ほどではないが、いい働きをしていた。ディフェンスでも貢献し、高評価。アレックスはメキシコ戦よりはマシになった。と言うよりは、おとなしかったためあまり目立たなかっただけ。無難なアレックスなんて試合に出る意味なし。あと、無駄にイエローもらうのはいい加減やめましょう。
MF
福西 6.5
中田英 6.5
ボランチの二人はともにいい動きを見せた。
中田はメキシコ戦に比べ、後ろに下がり気味で、中盤のバランスをうまく取っていた。
相変わらずのボディバランスと視野の広さでいい動きをしていた。
福西も高い位置で相手の攻撃をつぶし、無失点に貢献。攻撃面でもフィジカルの強さで高さに負ける相手とも互角に競り合う。
中村 6.5
小笠原 6.0
中村はナイスアシスト。その他も多くの攻撃に絡む。
小笠原も多くの攻撃に絡んだが、ミスも多く、減点。
FW
柳沢 6.0
玉田 6.0
柳沢も玉田もいい動きをしていたが、何度も決定的な場面でシュートをはずし、決定力不足を露呈。今日は3点ぐらい取れてましたね。
サブ
大黒 6.5
遠藤 6.0
中田浩 ―
大黒はさすが。ゴールに対する嗅覚はさすが。そこが玉田との違い。そろそろスタメンで使えばいいのに。
遠藤は小笠原の位置に入ったが、もう少し積極性が欲しかった。
中田浩二は時間が短すぎて印象なし。

あと2時間半でブラジル戦キックオフです。
楽しみです。
posted by おにちげ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4546836

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。