2005年11月14日

京都 2-1 横浜FC

久しぶりにサンガの観戦記事を書きます。
とは言ってもテレビ観戦で、しかも9時からトリックを見てしまったので、前半だけの記事ですが。
京都テレビもなぜに8時からという中途半端な放送をするのでしょうか?

それはともかく、今日のサンガの布陣は天皇杯の3回戦みたいですね。
今年レギュラーに定着できなかった選手たちがたくさん出ていて面白かったです。
特に大剛君と池松君はなかなか面白そうだと思いました。
特に、池松君を見たのは初めてだったのですが、始めのほうは硬さも見られてボコボコだったですけど、途中からはなかなかいい動きをしていたのではないでしょうか?
レギュラーにはまだ厳しいかもしれませんが、将来性は感じました。
大剛君はやはりディフェンスはイマイチでしたね。その分オフェンスでの働きはなかなかでした。
サイドバックでは厳しいかもしれませんが、サイドハーフで使えればなかなかという感じでした。
でも、右サイドハーフは星君と大志くんがいるので厳しいですけど。
大久保君やセンターバックの二人はまぁ無難な感じでしょうか。
慣れない布陣と言うことで、ディフェンスのマークやカバーなどの役割分担がはっきりせず、攻め込まれることも多かったものの、及第点と言えるのではないでしょうか。
ボランチの二人は相変わらず安定感があり、よかったですね。
アレモンと田原はいいコンビネーションを見せたりもしましたが、もともとスタイルが似ていて、ちょっとカブリ気味だった気がします。ゴールに近づいてもどちらがシュートを打つのかはっきりせず、もっと積極性が欲しかったですね。
その点よかったのが美尾で、FWの二人のポストプレイをうまく生かす2列目からの飛び出しでいい動きを見せてましたね。

サブだった選手もなかなかいい動きをしていたとはいえ、まだレギュラーに定着するほどではなかったと思います。
やはりJ1で戦うにはもう少し戦力の補強が必要かなーという気がしないでもありません。
posted by おにちげ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都サンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。